【撮影】神田昌典さんの岡山講演「2020年、顧客コミュニティーを創る新技術」レポート

神田昌典さん岡山講演2020 撮影

岡山桃太郎ビジネスアカデミーさんが主催する、神田昌典さんの岡山講演会「2020年、顧客コミュニティーを創る新技術」に、撮影スタッフとして参加しました。

以下のような気になる話題がたくさん。

  • 「会社がなくなる時代」が現実に迫ってきた時代の対策は?
  • 今取り組むべきは、XXX。それに使えるサービスはXXX。
  • 集客の悩みの8割は適切なXXXを見出せば消える
  • GoogleとAmazonの取締役を務めたジョン・ドーアが会社を成功に導いた手法とは?
  • その手法を使うときに、してはいけないこととは?
  • XXXした人は、していない人と比較して達成スピードが3倍に。

実践的な内容に定評がある講演会の内容を、一部レポートします。

昨年の様子は以下の記事より。

講演会の概要

まずは、講演会の概要と神田昌典さんについて紹介しましょう。

講演会概要

タイトル神田昌典『2022』全国縦断講演ツアー
「2020年、顧客コミュニティーを創る新技術」
日時2020年2月9日(日)15:00〜17:00
場所オルガホール 〒700-0026 岡山県 岡山市北区奉還町1丁目7-7
主催者岡山桃太郎ビジネスアカデミー
参加費7,700円(税込・事前振込)
定員250名

神田昌典さんってどんな人?

神田昌典さん

神田昌典さんは、経営コンサルタントで日本を代表するマーケッターです。

実用書もたくさん書いていて、2012年にはアマゾン年間ビジネス書売上ランキング第1位に。

国際的マーケティング賞「ECHO賞」の国際審査員に選出されるなど、国内外で実績を重ねているすごいかたです。

『2022』全国縦断講演ツアーとは?

今回の講演会は、「『2022』全国縦断講演ツアー」の一環です。

「『2022』全国縦断講演ツアー」 とは、神田昌典さんが2022年まで、年初に全国を講演でめぐるツアーです。経営者や経営幹部など、地域の変革リーダーが多数参加しています。

2020年は全国21都市で開催します。

おもてなし感あり 岡山講演の特徴

岡山桃太郎ビジネスアカデミーさん主催の岡山講演は、おもてなしの気持ちが強い講演会。

昨年に引き続き、 アップビートバルーンさんによる、カラフルなアートバルーンが来場者をお迎え! SDGsとレインボーフラッグを意識したデザインだそうです。

会場にはスタッフからのメッセージが飾られました。

そして講演会がはじまるまでの時間は、岡山大学応援団総部吹奏楽団による生演奏が響きました。

2020年、顧客コミュニティーを創る新技術

わたしが特に気になった内容を、一部紹介します。

全体が気になるかたが、ぜひ講演会に参加してくださいね。

個人や組織を成長させる目標設定プロセス「OKR」を使おう

「OKR」とは、目標設定・管理の方法。「Objectives and Key Results」の頭文字をとったもので、日本語に訳すと「目標と主要な結果」といえます。

AmazonやGoogleの取締役を務めたジョン・ドーアが、成長のために用いた手法です。

OKRを使うことで、重要な局面でやるべきことに集中できるそう。

OKRを使って目標を立ててみましょう。
(おそらく、講演会で説明のあった手法は、さらにわかりやすく実践しやすいよう神田流にアレンジされています。)

  1. 達成したい目標を数値で表現します。
  2. 1.の目標の数値を10倍にします。それを、目標(Objective)とします。とても叶いそうにない目標でOK。
  3. 2.の目標を達成するために必要な結果(Key Results)を、具体的に挙げます。ここは、現実的な内容にします。

会社でOKRを使うときのポイントは2つ。

  • 人事評価に連動させてはいけない
  • 100%達成したときは、目標が適切ではなかったと考える

人事評価に連動させたり「100%達成すべき」と考えたりすると、「達成しやすい目標にすること」が優先されてしまいます。

講演会では、参加者同士で目標を発表しあうワークも行いました。

目標に近づく小さな作業を習慣化しよう

目標達成のためには、行動を習慣化することが近道です。

なんと、日常の行動の40%は判断を伴わない習慣、とのこと。

そして、記憶をなくす脳損傷を起こしても、習慣は繰り返されるそう!

何かを習慣化するのに必要な日数はどれくらいでしょうか?

答えは、66日。結構長いですよね。

66日間行動を続けるためには、いっさい努力が必要ないくらいの小さな目標を立てましょう。

たとえば筋トレを習慣化したいなら、「腕立て伏せ2回」。「毎日30回」のような苦しい目標にしてはいけません。

講演会の感想

数値10倍の目標とOKR

最初に自分の中から自然に出てくる数値目標を挙げて、それを10倍にした新たな目標。

無意識にかけているブレーキを外して「それを達成するためには何が必要か」を考えてみるのは新鮮でした。なんとなく今日の延長を過ごしていては、きっと無理。高い目標を掲げることで、今していることを抜本的に見直すことができるのでしょう。

また、目標を口に出して近くの人に宣言することで、自分の中に落とし込まれていくと感じました。

全体の感想

社会の動きもわかり、「じゃあ自分はこうしよう」と思える講演会。

リピーターも多いのは、1年の指針を得られ、満足度が高いからだろうなあと思います。

何度も笑い声が起きて、参加者が楽しんでいるのが感じられました。

神田昌典さんが監修した分厚い新刊もどんどん売れていました。「セールスフォースを年商5億から100億に育てた男による、デジタル時代の最強の成長マニュアル」だそうです。

気になるかたは,ぜひ講演会にご参加ください。

2020年アルマ主催 | 神田昌典の『2022』全国縦断講演ツアー

参加者の感想

Comment