【取材&撮影】『倉敷とことこ』で「AM倉敷 vol.16 ワタリドリ計画 -絵から旅する 大原⇔岡山-」を取材しました

くらとこ_大原美術館 ワタリドリ計画 ライター

Webメディア『倉敷とことこ』で、「AM倉敷 vol.16 ワタリドリ計画 -絵から旅する 大原⇔岡山-」を取材し、記事を書きました。

おっとりしたふたりの画家による、大原美術館の絵画を元に岡山を旅する企画。

記事では、特別に撮影許可をいただき、撮影しました。

AM倉敷 vol.16 ワタリドリ計画 -絵から旅する 大原⇔岡山- ~ 大原美術館の名画から旅する展示 - 倉敷とことこ
2020年1月1日(水)~3月15日(日)、大原美術館では企画展「AM倉敷 vol.16 ワタリドリ計画 -絵から旅する 大原⇔岡山-」を開催。ルソーから高原へ、ピカソから岡山城へ、セザンヌから温泉へ。大原美術館収蔵の名画13点の中の風景を探して、岡山28箇所を旅して制作した展覧会です。

メディア概要

倉敷とことこ』は、観光情報を中心とした「倉敷の今」を伝えるWebメディアです。

ライターが取材し、旅行で役立つ観光施設・飲食店情報、真備町の情報を発信して倉敷を応援しています。

取材記事について

くらとこ_大原美術館 ワタリドリ計画

AM倉敷 vol.16 ワタリドリ計画 -絵から旅する 大原⇔岡山-とは

「AM倉敷(Artist Meets Kurashiki)」は、大原美術館による、アーティストが倉敷との出会いを通じた作品を制作し、その発表を行う事業です。

16回目となる「ワタリドリ計画 -絵から旅する 大原⇔岡山-」では、大原美術館の名画13点からイメージされる岡山の旅先を教えてもらい、岡山各地の28箇所を旅して、作品を制作しました。

見てほしいところ

『倉敷とことこ』の記事では、展示風景の写真もたっぷり使って紹介しています。

たとえばフランスの景色を描いた絵が、倉敷の港町に見えるなど、絵の見かたが変わる展示。

新しい視点をもらえるのって、おもしろい!

肩肘張らずに自然体で楽しめる展示だったので、その雰囲気が伝わるといいなあと思っています。

担当したこと

  • 撮影
  • ライティング

まとめ

くらとこ_大原美術館 ワタリドリ計画

心がぽかぽかするような、自由に作品を鑑賞する楽しさが感じられる展示です。

ワタリドリ計画さんは雰囲気も素敵で、今後の活躍も楽しみだなあと思いました。

ぜひ、『倉敷とことこ』の記事をお読みください。

AM倉敷 vol.16 ワタリドリ計画 -絵から旅する 大原⇔岡山- ~ 大原美術館の名画から旅する展示 - 倉敷とことこ
2020年1月1日(水)~3月15日(日)、大原美術館では企画展「AM倉敷 vol.16 ワタリドリ計画 -絵から旅する 大原⇔岡山-」を開催。ルソーから高原へ、ピカソから岡山城へ、セザンヌから温泉へ。大原美術館収蔵の名画13点の中の風景を探して、岡山28箇所を旅して制作した展覧会です。

Comment