【執筆】『アナザーディメンション』で「SONY α7R III レビュー」を書きました

アナザーディメンション α7RⅢレビュー フォトライター

ブログ『アナザーディメンション』で、「SONYα7R III 購入理由」の記事を書きました。

SONY「α7R III」長期利用レビュー。レタッチに強くシャッター押すだけでいい感じの写真が撮れるが、データ容量が大きくお金がかかるのが欠点
SONY α7R IIIを旅や取材で約5ヶ月使って、良かったこと・悪かったことを紹介します。瞳AFの優秀さは予想以上で感動もの!激しく動くアイドルのライブでも大活躍でした。 トリミング耐性のある高画素は便利で、解像感やダイナミックレンジの広さはすごい!

メディア概要

アナザーディメンション』は、ガジェット・モバイルサービス・アイドルの、考察やレビュー記事を中心に情報を届けるブログです。

本音で伝えることを重視して運営しています。

個人運営ブログながら、他のライター記事もあるブログ。わたしは、「いち写真好き」としての感想や感覚を、素直に綴らせてもらっています

記事について

SONY「α7R III(α7RM3 ILCE-7RM3)」を購入して5か月使用した感想をまとめています。

満足している点7つ、不満な点4つ。

それまでAPS-Cの一眼レフを使っていたので、「α7R III」としてのいいところだけでなく、フルサイズのメリット・ミラーレスのメリットも含めています。

感想・まとめ

「α7R III」はわたしにとって、色味とか「感性的にぐっとくる」カメラではありません。でも、わたしの用途でかなり便利で。

使っていて、賢さやダイナミックレンジの広さに感動しています。

担当したこと

  • 執筆
  • 写真

ぜひ、『アナザーディメンション』の記事をお読みください。

SONY「α7R III」長期利用レビュー。レタッチに強くシャッター押すだけでいい感じの写真が撮れるが、データ容量が大きくお金がかかるのが欠点
SONY α7R IIIを旅や取材で約5ヶ月使って、良かったこと・悪かったことを紹介します。瞳AFの優秀さは予想以上で感動もの!激しく動くアイドルのライブでも大活躍でした。 トリミング耐性のある高画素は便利で、解像感やダイナミックレンジの広さはすごい!

Comment