大義を掲げ情熱を言葉に。あんちゃさんはかっこよかった! 岡山ブログカレッジレポート

岡ブロ あんちゃ「ブログ3.0 〜応援される発信、孤独な発信〜」 イベントレポート

成功者の志やノウハウを聞くセミナーは、さまざまな場所で開催されています。ですが、世間的に成功と言われるまさにそのときに抱えていた闇と、率直な思いを聞ける機会は少ないもの。

執筆屋のあんちゃ(@annin_book)さんは、若くしてブログで大成功されている方。

彼女のお話を聞くために、第27回岡山ブログカレッジ「ブログ3.0 〜応援される発信、孤独な発信〜」に参加してきました

……と書いてみましたが、正直な参加理由は「ずっとすごいな~とWeb上で眺めていたあんちゃさんを、生で見たい!」っていうただのミーハー心です。

悩んだりもがいたりしながらも真摯に進んでいくあんちゃさんは、熱くてかっこよかった……!!

岡山ブログカレッジ(岡ブロ)とは

岡ブロ あんちゃ「ブログ3.0 〜応援される発信、孤独な発信〜」

岡山ブログカレッジ(通称:岡ブロ)は、ブログを楽しく学び合う勉強会です。

以下のような思いで運営されています。

  • 岡山でブログを書く人を増やして盛り上げたい
  • ブロガー同士の横の繋がりを増やしたい
  • 『情報』だけでなく、『体験』を共有したい
  • 会社の仕事、子育てなどメインの仕事以外の居場所を作りたい
岡山ブログカレッジ(岡ブロ)ーブログを楽しく学び合う勉強会

岡山人でなくても、ブログを書いてなくても参加OK。毎月第3日曜日に開催されます。

執筆屋 あんちゃさんってどんな人?

岡ブロ あんちゃ「ブログ3.0 〜応援される発信、孤独な発信〜」

あんちゃさんは、ブログやSNSなどネット上での執筆業・情報発信をメインに活動されています。

ブログは月間50万人に読まれ、著書も出し、イベントやセミナー講師としての登壇は100回以上。オンラインコミュニティーも運営されています。

しかし、「こういった活動は手段でしかない」と語るあんちゃさん。どのような思いで情報発信しているのか、過去とこれからについて、岡ブロで話してくださいました。

あんちゃさんのお話

あんちゃさんのお話を、ざっくりまとめます。

成功するまで

岡ブロ あんちゃ「ブログ3.0 〜応援される発信、孤独な発信〜」

上京して就職したものの、将来に不安を感じていたOL時代。あんちゃさんは、ある人のすすめでブログを書きはじめます。

習慣にするため1カ月毎日記事を書こうと決め、仕事が終わったらカフェに寄り、書き上げてから帰宅するのをルールにしたそうです。そうしてブログを書くうちに、少しずつ読まれるように。

25歳、ブログ収益4万円・貯金30万円ほどで独立。自由になりたい、ひとりで決断したい、見返したい、そんな復讐心や劣等感が原動力になっていたとのこと。

ひたすら手を動かしていたら、いきなり大成功

岡ブロ あんちゃ「ブログ3.0 〜応援される発信、孤独な発信〜」

批判してきた人たちをじゅうぶん見返し、すべてはハッピー、のはずだった。

成功と同時に抱えた闇

原動力となっていた目的は達成したけれど、以下のような闇が待っていたそうです。

  • 大量の批判
    → ふさぎこみ、自分のやり方に固執してしまった
  • 数字とノウハウ目当てに集まる人たち
    → 人を信じられなくなり、自分もメリット/デメリットで判断するようになってしまった
  • 数字が落ちる恐怖
    → 数字が出せない自分には価値がないと感じ、毎日心が数字にとらわれるようになった
  • 目標を失った無気力感
    → やりたいことを見失った

みずから壁を作り、ダメな自分を出せなくなった結果、孤独を感じていたそう。

親身になってくれる人のおかげで気づいたこと

岡ブロ あんちゃ「ブログ3.0 〜応援される発信、孤独な発信〜」

そんなとき、「本来のあんちゃの魅力が見えなくなってる」と言う方が。

その方のおかげで、損得を超えた温かみある繋がりや、愛を持って向き合う関係を見失っていたことに気づきます。

自分の言葉が人の希望になった

岡ブロ あんちゃ「ブログ3.0 〜応援される発信、孤独な発信〜」

ある日、あんちゃさんは長年のコンプレックスだった手汗について記事を書きました。すると、記事を読んだ女子高校生から、熱い長文メッセージが届いたそう。「同じ悩みを持っていて泣きながら読んだ、わたしもいつか自分の手を好きになりたい」と。

自分の苦しみが、人の希望になった。自分の言葉が届いた。それが、嬉しかった──。

(「この女子高校生のメッセージを見るといつも泣いちゃうんですけど」と涙ぐみながら語るあんちゃさんに、会場も引き込まれていました。)

彼女のメッセージがきっかけで、自分の使命は「自分の言葉で誰かの苦しみが希望に変わるきっかけを作ること」だと気づいたと言います。

発信スタイルの変化と反応の変化

岡ブロ あんちゃ「ブログ3.0 〜応援される発信、孤独な発信〜」

情報発信はテクニックではない自分の発信のしかたと人との向き合いかたはつながっている、と感じたあんちゃさん。発信スタイルも変えたとのことです。

  • 断定口調をやめた
  • 主観だけで語らない
  • 弱みも葛藤もネタに
  • 使命に基づいた言葉選び

すると、内面が豊かになったそうです。数字の伸びがゆっくりになったとしても、必要な人に必要なことが届くように。

応援される発信のしかた

あんちゃさんによると、発信で人の心を動かすためには、活動の背景・人生のストーリーを伝えること

やったことを伝えるだけで終わっている人が多いけれど、なぜやったのか・何のためにしたのか、に奥行きが出るそうです。

あるサービスをブログで紹介した際、運営者のストーリーにフォーカスした記事を書いたら、サービス内容にはほとんど触れていなくても売れたそう。

また、魅力的なコンテンツには谷底があり、そこに価値がある、とのこと。自分の人生の苦しみをどう読者に役立てられるか考えてみては、と提案されていました。

サイモン・シネックは、「優れたリーダーはどうやって行動を促すのか」というプレゼンの中で「ゴールデンサークル」という理論を提唱しました。ゴールデンサークルでは「WHY」が中心。人はWHYに共感し行動すると唱えています。

あんちゃさんはその中心部分に、「WHO 誰のために」も入ると考えています。WHYが私利私欲になると間違った目標設定になりがち。周りの人の役に立てるのか、他者目線で設定すると良いそう。

岡ブロ あんちゃ「ブログ3.0 〜応援される発信、孤独な発信〜」

あんちゃさんの考える、応援される発信方法とは、「大義(使命)を掲げ、情熱を持ってそれを言葉に乗せていく」こと。そしてそれは生き様そのもの、と。

  • 結果も過程も両方大事
  • ノウハウも気持ちも両方大事
  • 大衆に迎合しすぎず、独りよがりにもならない

といったポイントを上げながら「すべてはバランスである。」とおっしゃっていました。

岡ブロ あんちゃ「ブログ3.0 〜応援される発信、孤独な発信〜」

あんちゃさんは真摯で誠実でかっこよかった

シンプルでスタイリッシュなファッションで、かわいくて凛としているあんちゃさん。

質疑応答やその後の懇親会で、人の悩みを真剣な目で聞き答える姿も、誠実そのものでした。

アクセス数が落ち込んだ方に「アクセス数を失っても、信頼が失われていなければ、いくらでもやりなおせるから」とおっしゃってて、かっこよかったです!

あんちゃさんが、たくさんの人の心をつかみ応援されているのも当然だなあと、納得感がさらに深まった1日でした。

わたしも思いを言葉や写真に載せて伝えたいと発信していますが、まだまだ試行錯誤中。使命感を持ち、バランスを考えながら発信していけたらと思います。

▼あんちゃさんの著作

▼岡山ブログカレッジ(岡ブロ)についてはこちら

岡山ブログカレッジ(岡ブロ)ーブログを楽しく学び合う勉強会
岡山・倉敷で月1回開催している、ブログ勉強会です。 「岡山ブログカレッジ(岡ブロ)」の主催メンバーは全員岡山在住の現役ブロガーで、様々な分野で活躍しており、「共に学ぶ」をキーワードに毎月15人程度が集まりブログの情報交換をしています。東京などから外部講師も定期的に招聘して、セミナーも行っています。

Comment