春の美観地区を歩こう!第1回倉敷とことこ交流会レポート

第1回倉敷とことこ交流会 イベントレポート

わたしがライターをしているWebメディア『倉敷とことこ』、通称『くらとこ』。

『くらとこ』はじめてのイベントである「第1回倉敷とことこ交流会」が、2019年4月6日(土)に開催されました。

桜と柳が美しい春の美観地区で行われた、交流会のもようをレポートします。

「 第1回倉敷とことこ交流会」について

倉敷美観地区

Webメディア『倉敷とことこ』とは

倉敷とことこ』(通称:くらとこ)は、観光情報を中心とした「倉敷の今」を伝えるWebメディアです。

2018年7月の西日本豪雨をきっかけに、倉敷を盛り上げるために立ち上がった、くらとこ。倉敷美観地区と真備町を中心に、ライターが取材した倉敷の情報を発信しています。

わたしもライター&フォトグラファーとして活動しています。

トップページ - 倉敷とことこ

「 第1回倉敷とことこ交流会」 とは

倉敷美観地区の魅力を、参加者のみんなで探しに行くイベントです。

下記の内容で開催されました。

  1. これまでくらとこで紹介したスポットの紹介
  2. 地域毎にグループに分かれて、お店探しやフォトウォーク
  3. グループで素敵なスポットの発表会

イベントのようすをお届けします。

交流会のようす

これまでくらとこで紹介したスポットの紹介

倉敷とことこ交流会

まずは、くらとこライター3人から、おすすめスポットを紹介しました。

アサノさんのおすすめ 阿智神社

阿智神社 〜 山の上から倉敷を見守る総鎮守。祭るのは航海の神様 - 倉敷とことこ
倉敷美観地区で最古のスポットをご存じですか?古くから鶴形山の上に鎮座する阿智神社は倉敷総鎮守として多くの参拝客が訪れます。日本一の阿知の藤も見どころです。宗像三女神を祭り、航海安全・交通安全・商売繁盛・美容健康・芸能上達・技能向上などの御利益がありますよ。

倉敷の町ができるずっと昔からあった神社で、美観地区周辺ではもっとも歴史があるそうです。

絵馬殿からの眺望が特におすすめとのこと。

わたしのおすすめ 有隣荘

有隣荘 ~ 春秋限定公開の特等席から眺める倉敷美観地区 - 倉敷とことこ
緑色の瓦屋根が特徴的な建物「有隣荘(ゆうりんそう)」。旧大原家の別邸で、年に2回だけ特別公開されます。特別に許可をいただき撮影した写真とともに、眺め・建築・日本庭園など、有隣荘の見どころを紹介します。

有隣荘はふだんは外から眺めることしかできませんが、年に2回、春と秋の2週間程度だけ内部に入ることができます。

2019年春の公開期間は、4月26日(金)~5月6日(月・祝)。美観地区を間近で上から広く見渡せる、2階からの景色はぜひ見ていただきたいです!

庭は、明治・大正期の最高の庭師とも言われる庭師によるものなんですよ。

合わせて、

も訪れてほしいポイントです。

まつこさんによる 真備町の現状

真備町在住のまつこさんからは、人が減っていること・夜は民家のあかりが少なくなったこと・仮設住宅ぐらしの方がたくさんいることなど、 真備の現状についてのお話が。

真備町ではいろいろなイベントが行われています。風化させないためにも、イベントが果たしている役割は大きいものです。

しかしイベントばかりが取り上げられることで「もう元気になったんだな、大丈夫だな」と認識されてしまうと、町の現状が正しく伝わらない。そんなジレンマもあるそうです。

働きながら、休日はイベントやお店の取材に駆け回っている、まつこさん。くらとこでは、まつこさんの渾身の記事を読んで、真備町のことを知ることができます。

pas a pas(ぱさぱ) ~ 何度でも食べたくなる、真備町で愛されるハンバーグ - 倉敷とことこ
2009年12月にオープンした、真備町の老若男女を問わず愛されていた「洋食屋ぱさぱ」さん。2018年7月に西日本豪雨により浸水被害にあったものの、「前をむいて一歩一歩」とお店を再建し、同年12月に再開しました。「ハンバーグのお店ぱさぱ」の魅力的なおいしさと前向きな岩田さんご夫妻を【倉敷とことこ】が紹介します!

倉敷美観地区周辺を散策しよう

続いて、グループに別れてルートを考え、美観地区を散策しました。

倉敷の良さをたくさんの方に知ってもらえるよう、「#くらとこ」のハッシュタグをつけて、SNS投稿します。

わたしたちのグループは、「本通り」を中心にぷらりとお散歩しました。

まずは、目に入ったはにわと記念撮影。

はにわ

グループメンバー佐々木さん(@momizi1103)おすすめの、トンネル。夜になると、ライトと壁がすごくかっこいいそうです。

鶴形山のトンネル

このトンネルをTwitterにあげたら、「倉敷を離れ30年くらい経ちますが、(略)全然昔と変わってない」とコメントいただきました。

桜が綺麗だったので、観龍寺へ。

観龍寺
観龍寺からの眺め

観龍寺からは、大原美術館が見えました!

「ここもおすすめですよ!」「ここ気になってるんですよね~」などとお話しながら、散策。

そして、林源十郎商店さんへ。

pizzeria CONO forestaの看板

「pizzeria CONO foresta」さんの看板が、かわいい。ナポリの新窯で焼き上げたピザを、緑に囲まれた中庭で食べられるお店です。

散策中

最後に、コーヒーとトーストのお店「 Cafe Gewa(カフェゲバ) 」さんへ。スタンディングスタイルでいただきます。

Cafe Gewa

置いてあるコーヒーグッズやお菓子もかわいかった!

Cafe Gewa

みんなでわいわい言いながら散策するのは楽しかったです!

ゆりちぇるさん(@ychan_0e0)がモデルになってくださったので、写真撮るのも楽しい!しあわせ!

各グループの発表

散策を終えたら、「#くらとこ」のSNS投稿を見ながら、グループに分かれて、行った場所や感想を発表しました。

どこも楽しそうで、いいですね。「行ってみたい!」と思うところがたくさんありました。

感想

わたしにとっては、何度も訪れている倉敷美観地区。

それでも、グループで回ったり他のグループの発表を聞いたりすると、知らなかったことや見過ごしていたことにいっぱい気づけました

こうやって、集まって倉敷の魅力を発見できるのって素敵だなあと思います。

まだまだ奥が深い倉敷について、 その魅力を 「くらとこ」ライターとしてお伝えできること、嬉しく思いますし、改めて気合いが入りました。

そして、5月18日(土)には、真備町でのフォトウォークが企画されています。わたしの大好きな写真家・矢野拓実さんが講師できてくださるんです! ドローンパイロットの協力のもと、空撮もあるんですって。とっても楽しみ!

ぜひご参加くださいね。

イベント概要

「第1回倉敷とことこ交流会」

日時:2019年4月6日(土) 午後2時〜午後5時
場所: お食事処 カモ井
参加費:無料

春の美観地区で魅力発見!第1回「倉敷とことこ交流会」を4月6日に倉敷美観地区「カモ井」で開催します【終了】 - 倉敷とことこ
2019年4月6日(土)に、美観地区で倉敷とことこ初の交流会イベントを『お食事処 カモ井』で開催します。今までくらとこで紹介したスポットをマップと共に振り返りながら、まだくらとこでは紹介しきれていないスポットを実際に参加者と共に散策していくイベントです。

参加者のレポート

Comment

  1. […] 春の美観地区を歩こう!第1回倉敷とことこ交流会レポート|なこラボ […]