【取材&撮影】『倉敷とことこ』で「ぐらすたTOMO」を取材しました

ライター

Webメディア『倉敷とことこ』で、ガラス工房「ぐらすたTOMO」を取材し、記事を書きました。

ぐらすたTOMO ~ 多彩でかっこいい吹きガラスをつくるガラス工房 - 倉敷とことこ
水口智貴さんの吹きガラス工房「ぐらすたTOMO」。倉敷産い草を灰にし熔かした、優しい緑の「IGUSA GLASS(い草ガラス)」を制作しています。水口さんの代表的な作品は、漆黒のガラスに銀の模様が浮かぶものなど、シャープでかっこいい吹きガラス。多様なガラスが生まれる工房を取材しました。

メディア概要

倉敷とことこ』は、観光情報を中心とした「倉敷の今」を伝えるWebメディアです。

ライターが取材し、旅行で役立つ観光施設・飲食店情報、真備町の情報を発信して倉敷を応援しています。

取材記事について

ぐらすたTOMOとは

ぐらすたTOMOは、水口智貴(みなくち ともき)さんの運営する吹きガラス工房。

倉敷産のい草の灰を混ぜ込んだ「IGUSA GLASS」も制作しています。記事では、IGUSA GLASSについて掘り下げて紹介しました。

見てほしいところ

水口さんのガラスへの情熱をぜひ読んでください。

黒いガラス作品の撮影はとても難しかったのですが、作品の美しさが伝わると嬉しいです。

IGUSA GLASSの撮影では、ガラス制作に使っているい草を製造している、IGUSA LABO(イグサラボ)・今吉さんのコースターを小物として使用しました。

担当したこと

  • 撮影
  • ライティング

まとめ

熱々の原始的なエネルギーを持つガラスが、あっという間にシャープに形作られていくのもかっこよかった!

数日のあいだ作品をお借りして撮影。おうちにきれいなガラスがあると、心がしゃんとする気がしました。

ぜひ、『倉敷とことこ』の記事をお読みください。

ぐらすたTOMO ~ 多彩でかっこいい吹きガラスをつくるガラス工房 - 倉敷とことこ
水口智貴さんの吹きガラス工房「ぐらすたTOMO」。倉敷産い草を灰にし熔かした、優しい緑の「IGUSA GLASS(い草ガラス)」を制作しています。水口さんの代表的な作品は、漆黒のガラスに銀の模様が浮かぶものなど、シャープでかっこいい吹きガラス。多様なガラスが生まれる工房を取材しました。

Comment